高層ビル

工事するときの考え方

ビル群の街と投資家

自分の資産である不動産を駐車場として活用することは、誰も何も文句は言えません。自身の資産の活用でありますから、もし失敗した場合でも自分の責任として納得できるからであります。駐車場として活用するには自身のために活用するのか、老後の事を考えて少しでも収入を増やすためにかに別れます。大方が賃貸の駐車場としての考えだと思いますが、駐車場として工事することはそんなには難しくはありません。しかしながら、自身でできるものではなく、工事は専門業者に、経営の仕方はある程度の知識を持った方に相談するしかないでしょう。工事に関しては、施工業者のよしわるしはありますが、どの業者に依頼しても然程変わらず、完成となります。

駐車場を賃貸として活用するならば、経営の仕方もまなばはくてはなりません。やはり善意で行うものではないので、ある程度の収入は得なくてはなりません。赤字経営なら最初からしないほうがましであります。しかしながらこればかりは、人の良い方は、損をしてしまいますのでやめておいたほうが良いでしょう。多少は料金が高いなどの第三者に耳を傾けていては、経営が成り立ちません。利益があってこそ、料金の値下げなどが考えられるものであります。駐車場にする工事費、また毎年課税される固定資産税、都市計画税など維持管理もかかります。差し引きして利益が出ているのなら、何も言うことはありませんが、利益がない駐車場の経営など考えられない事であります。