高層ビル

不動産の選定

ビルが立ち並ぶ町並み

マンション経営において、失敗を回避するためには、投資先の不動産の選定は慎重に行う必要があります。また、マンション経営にかかる運用の費用についても事前に把握しておく必要があります。失敗を回避するためには、長期の視点で保有し続けることができる不動産を選ぶ必要があります。マンション経営の失敗の一因には、マンションの空室が続き家賃収入がなくなることが挙げられます。不動産を選ぶ際には立地を重視し、空室の出にくい駅に近い都心の立地を選ぶことをおすすめします。 マンション経営における運用にかかる費用としては、建物の修繕費や管理費などがあります。経常的にかかる費用ですので、失敗を回避するためには、空室で賃貸収入がなくなっても維持が出来るだけの余剰の資金が必要です。

マンション経営にかかる費用としては、都心のワンルームであれば、初期の投資費用として2000万円から4000万円ほどがかかります。運用にかかる費用としては、建物の修繕費や管理費として毎月5000円から20000円ほどを積み立てておく必要があります。また、空室の際には入居者の募集のために、広告費がかかります。 マンション経営における失敗では、運用のための資金繰りがうまくいかずに、マンションを維持できなくなるケースが多いです。投資の際には、失敗を回避するために事前にどこまでのリスクであれば耐えることができるのか、判断をしておく必要があります。また、建物の管理については、専門の業者が代行していることがありますので、確認が必要です。