高層ビル

有効活用する

ユーロの札束

賃貸物件を持っている以上、空室問題は避けて通れません。築年数が経過するとメンテナンス費用をかけている割には収益があがらないと言ったこともあります。空室物件を賃貸という概念からはずして考えると、思わぬ高収益物件に変身することもあります。賃貸ではなく、もちろん売却でもありません。AirBnBとして活用する方法です。 AirBnBとはインターネット上で宿泊施設の閲覧、予約、決済まですべてを行うシステムです。アメリカに本拠地があります。世界190か国に宿泊施設があり、のべ2500万人が利用しています。登録された宿泊施設は、一般の家の一室からツリーハウスやお城まで多種多様です。 円安の影響もあり日本にはたくさんの外国人観光客が訪れています。日本でもAirBnBの需要が高まっています。

宿泊施設と言っても特別なことは必要ありません。電気、ガス、水道が使用可能でありベッドや冷蔵庫などの簡単な家財があればすぐにでも登録できます。 宿泊料もオーナーが設定することができます。東京ですと1万円前後から3万円を超えるものまであります。設備や広さなども関係してくるようです。しかし豪華設備だから人気が集まるとも限りません。宿泊客は外国人が主ですので畳の部屋なども人気があります。宿泊料以外に清掃料を上乗せすることもできます。決済もインターネット上で行い、AirBnBから振り込まれるので安心です。万が一の際のトラブルにもオーナー補償があります。AirBnBへの掲載は無料で行えます。宿泊予約が入った際に3%の手数料を払うだけです。